レーザー溶接機 お問い合わせは、電話042-700-3418、ファックス042-700-3428
レーザを知る 製品紹介 サービス・保証 展示会のお知らせ サンプル加工 メールでのお問い合わせはこちら
HOME > レーザを知る > レーザの基礎知識 > レーザの種類と発振波長
工業用途で実用化されている主なレーザは媒質の種類により以下の通り分類される。
※青字はレーザーフロント製品群
分類 レーザ媒質 波(μm)
気体レーザ CO2(炭酸ガス) 10.6
He-Ne(ヘリウム・ネオン) 0.6328
Arイオン 0.5145
0.488
エキシマXeF 0.35
エキシマXeCl 0.308
エキシマKrF 0.249
エキシマArF 0.193
固体レーザ Er:YAG(エルビウム:イットリウム・アルミニウム・ガーネット) 2.96
Nd:YAG(ネオジウム:イットリウム・アルミニウム・ガーネット) 1.06
Nd:YAG SHG(第2高周波) 0.53
Nd:YAG THG(第3高周波) 0.35
Nd:YAG FHG(第4高周波) 0.26
ルビー 0.6943
半導体レーザ 例:GaAlAs(3元)InGaAsP(4元) 0.85
1.3
1.55
色素レーザ ローダミン他 0.3-1.2
発振波長域は下記のように紫外領域から遠赤外領域に存在。
戻る 次へ ページの上に戻る