レーザー溶接機 お問い合わせは、電話042-700-3418、ファックス042-700-3428
レーザを知る 製品紹介 サービス・保証 展示会のお知らせ サンプル加工 メールでのお問い合わせはこちら
HOME > レーザを知る > レーザの基礎知識 > レーザの発振形態
【1】レーザの構造体
レーザの構造体は種類によりことなる。以下代表的な3種類のレーザの構造体を示す。
1.固体レーザの構造体 2.半導体レーザの構造体
Nd:YAGレーザ媒質の例
ネオジュウム:Nd
イットリウム:Y
アルミニウム:A
ガーネット:G

YAGにNdをドープした薄いピンク色の人口宝石です。(硬度7)レーザとして使う場合は円柱の棒状にして端面を光学研磨して使用します。
3.レーザ出力形態
【2】レーザ出力形態
出力形態には用途に応じ連続発振(CW:continuous wave)、ノーマルパルス発振、Qスイッチパルス発振の出力方法がある。
ノーマルパルス発振は波形制御、Qスイッチパルスは高い照射パワーを等間隔で与えることができるという特徴がある。
戻る 次へ ページの上に戻る