レーザー溶接機 お問い合わせは、電話042-700-3418、ファックス042-700-3428
レーザを知る 製品紹介 サービス・保証 展示会のお知らせ サンプル加工 メールでのお問い合わせはこちら
HOME > レーザを知る > レーザの応用知識 > レーザの物理現象
レーザ光が物質に照射されるとレーザ光は吸収されて物質の電子エネルギーとなり、次に物質の格子エネルギーに変換されて物質の温度が上昇します。このとき物質は変性、溶融、蒸発、昇華等の現象を起こします。その現象に必要なエネルギーと時間幅に対応するレーザ光を物質に照射することによって目的とするレーザ加工が行えます。

  下記の図にレーザ加工に必要なパワー密度とパルス幅を示します。金属の熱処理や溶接にはmsオーダのパルス幅が、薄膜除去には短パルス幅で高ピークパワーが必要です。
戻る 次へ ページの上に戻る