レーザー溶接機 お問い合わせは、電話042-700-3418、ファックス042-700-3428
レーザを知る 製品紹介 サービス・保証 展示会のお知らせ サンプル加工 メールでのお問い合わせはこちら
HOME > レーザを知る > レーザの応用知識 > レーザトリミング
高速高精度トリミング
多数のチップ部品を高速かつ高精度にレーザトリミングするために、トリミング中の測定値変化から最終トリミング長を予測して高速化を図る予測制御や、トリミング形状をLカット、ダブルカット等にして高精度化を図る手法が用いられています。下図に直線カットとLカットの場合のカット長による抵抗値変化を示します。Lカットは最終カット部での精度が高く、かつ終端でのマイクロクラックの影響を小さくできます。
0603タイプの超小型
チップ抵抗のレーザトリミング

トリミング幅:約20μm
(OLFT製 レーザトリマSL436シリーズ)
戻る 次へ ページの上に戻る